スタンプコンクリート

スタンプコンクリート

 今回は最近施工したスタンプコンクリートのご紹介です。

今回は枕木とランダムの組み合わせです。
玄関前からのアプローチにかけて施工しました。
2つの型を使い、アプローチの枕木へ自然につながるようにしました。

画像手前が枕木のアプローチになります。
このアプローチ部分と玄関前には車の乗り入れがあるということで、強度的にも強いスタンプコンクリートを施工しました。
枕木部分はこちら↓↓↓

見た目はほんとに枕木そのままです。
ある意味、木よりも、豪華です。
今日は施工の裏側を少しご紹介します。
スタンプコンクリートとは、コンクリート打設時に専用の粉と専用のマット(型)を用いて、コンクリート自体に様々な形や模様・色を付けていくものです。
前回もご紹介しましたが、車の乗り入れなどがある場所にも大変強く、アプローチによく見るレンガや天然石の張り石・樹脂を用いたリンクストーンなどより強度が高い施工です。
張り石等に比べても単価も安価です。

↑↑↑
コンクリート打設後、専用のカラー粉を撒き、マットで型をつけているところです。
2種類の組み合わせが結構職人技なんです。。。。
そして・・・・・・

型押し後、専用のカラーオイルで自然な陰影をつけていきます。
ガラッとイメージが変わって自然な感じになり雰囲気が出てきました。
数日後、ブラシで洗い流し、余分な粉や汚れを洗い流し、乾燥させた後、トップコートというニスを塗って完成です。
ニスが定着するまで48時間かかります。
その後は車の乗り入れもOKになります。
今回はこの辺で・・・・。
素材・エントランス・床・タイル・

Back to Top