新築・小笠原様邸の外構

新築・小笠原様邸の外構

今回は新築の小笠原様邸の外構のご紹介です。

無駄のない計算された外構に仕上がりました。

道路沿いに作られた塀には化粧ブロックと三協立山アルミ製のマイリッシュフェンスを使い、ブロックだけでなく柔らかさを出しました。
このフェンスは見た目は木目に見えますが、素材はアルミです。

今回のポストはフェンスに合わせた木目調のポストです。
表札はお施主様がデザインをお考えになり、美濃クラフトで作成した世界でたった一つの素敵な仕上がりになりました。

日当たりの良いお部屋の前には 三協立山アルミ製の人工木・ひとと木 のウッドデッキです。

窓いっぱいの間口サイズです。
人工木の為、メンテナンスも楽です。

ちょっと画像が見にくいですが、駐車場には玄関からのアプローチ&アクセントとして、ユニソン・(カラー:ナチュラルベリー)の乱石を入れました。

スリットにはお施主様自身がピンク色の砂利を敷いてくださいました。

こだわりのもう一つがこちらです。↑
1m幅の通路を抜けた先には愛車のオートバイのガレージが・・・・。

カクイチ製、シャッター物置3030 という製品です。
通路にはオートバイが通るということで、ハンドルがあたらない高さでブロック・フェンスを施工しました。

家を建てられる時から、地形・ライフスタイル・趣味などをトータル的に考えらえていて、素晴らしい御施主様でした。
家の雰囲気にぴったりな外構が出来上がりました。
今回は私もとても勉強させていただきました。
ありがとうございました。
これからどんな素晴らしいストーリーがここから生まれるのかとっても楽しみです・・・・。

Back to Top